2006年02月03日

第3回 Iris枝祭り 反省会会場

29日は皆さんお疲れさまでした。
毎度のごとく暴走に暴走して終わる枝祭りでしたが、
いかがでしたでしょうか?


今回の枝祭り、
主催側としては以前より規模縮小と予想していたのですが、
サクライからのお客様もあり、
予想に反して20人以上の人達に参加して頂く事ができました。
本当にありがとうございました。



そして、その結果如実にあらわれたのが主催側の準備不足でした。
その中でも今回反省すべき点は主に2つ。

1つは、


宣伝活動の少なさ

今回は宣伝してくださるポータルサイトがなくなって
一番力を入れなくてはいけない部分なのにも関わらずこの有様です。
当初、ハイプリ転職の為に・・という理由で宣伝活動を行っていませんでしたが、
転職が予定より早まったにも関わらず宣伝活動を行わずにいました。
このせいで日本人プレイヤーの一部に正確に情報が伝わっておらず、
開催日時の食い違いが多く見受けられました。



もう1つは、


司会進行に対しての考えの甘さ

第1回、2回は主催側の挨拶等主催として話す事は事前に考えてありましたし、
大まかな枝祭りの流れも考えてありました。
しかし、今回の枝祭りは両方共に考えてありませんでした。
前日忙しかったというのは事実なのですが、
私は主催者であり、皆様が苦労して集めてくださった枝を使って、
その苦労を超える楽しみを与えるのが責務なので言い訳になりません。

アドリブでもなんとかなるだろうという甘い考えで望んだ結果、
Iris枝祭りという1つのイベントというよりも、
ただ単に集まって無造作に枝を折っている
という印象が強いものになってしまいました。
この事に関しては皆様にどれだけ謝っても謝り足りることはなく、
ただひたすら次回に生かすとしか言いようがありません・・。



今回の、特に上記の2点については真摯に受け止め、
次回から同じ事を二度と繰り返さないようにしていきたいと思います。






以上が今回の枝祭りの反省点なのですが、
枝祭りが一人で運営するには肥大化し過ぎたというのも確かなのです。
一人の人間ができる事には限界があります。


そこで、枝祭り運営委員会(仮)ではスタッフを募集いたします!

力を合わせてiROに誇れるような枝祭りを開催しませんか?
お仕事内容は発案〜当日の司会進行まで、
適材適所でお任せしていく予定です。
申し込み、質問等は当blogのコメントやゲーム内でのwisでお気軽に!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。